mamo

記事一覧(100)

展示レポート「私の青空 -my blue heaven」

   まだまだ、続きます展示レポート。まぁ、自分のために書いているんでね。 「夏のmamotaso展示祭」の第3弾は、roonee 247 fine artsさんの恒例企画である「私の青空」展でした。毎年2月中旬の開催なのですが、今年は諸事情で7月の開催でした。 なので、今回は夏らしい青空を撮りたいなぁ、そして、「私の青空」展では、ポートレートを出したことがないので、ポートレートを出そう、とまず思って参加することにしました。 自分はあまりポートレートの展示には参加することが少なくて、テーマある・なしに関わらずノンジャンルの公募展に参加することがほとんどです。「私の青空」も同じ。そんな中、なぜポートレートなのか? 今回の公募展は「私の青空」。ただの「青空」ではありません。「私の」が付きます。だから、毎回、自分なりの「"私”とは?」と考えて撮影しています。そう考えると今まで展示していた写真、特に昨年に出した写真は、「私」とは、そのまま自分自身のことを指していて、そのときに自分が見えていた青空の写真を出していたのでした。 なので、今回は被写体となっている人にとっての「私の青空」が撮ることをテーマにすれば、この展示でポートレートを出す意味があるのではないか、と考えました。 そして、自分自身の「私の」を考えて、今の自分で撮れる写真ということで今回の展示は撮りおろすことにしました。

展示レポート「君と会う街/Hot-Standby展」

 続きましては、「Hot-standby展」。どういう経緯でこの写真展が立ち上げられたのかよくわからりませんが、あの「かめこ展」との連動企画のような感じで、今年はかめこ展には参加しなかったのですが、募集があったので、こちらには参加しました。計4名での展示です。 今回は、なにしろ急に決まったの(4連続の展示中一番差後に決まった)と、他の展示の準備とかで撮り下ろすことはできなかったので、過去に撮影した分からのセレクトにしました。 とは言え、ただの寄せ集めにしたくはなかったので、もう一度、自分の写真を見直して、テーマを絞ってのセレクトにしました。もともと自分はストリートでのスナップ的なポートレートから始まって、今でもほかの写真を撮るときでも「街」を意識して撮っているので、「街」をテーマにこの2年間で撮りためた中からのセレクトです。 どこにでもあるような、だれでも見たようなとりとめのない街の風景にも、人それぞれの記憶や思い出があると思います。写っているモデルさんを通して、どこかで誰かと一緒にいた記憶がよみがえってくれるといいなぁ、と思って展示してみました。 ということで、タイトルは「君と会う街」。どこかで聞いたことがあるような気もしますがw 被写体自身を写すしてそれを感じてもらうよりも、見てくれた人それぞれの誰かを思い浮かべてもらいたいから、「君」をつけたかったのです。 展示した各写真はこちらにまとめておきましたので、併せてご覧ください。 この展示は本当に小規模でしたが、参加してよかったです。改めて、自分の写真を見直す機会を得ることができました。今まで、ネットにアップするときは撮影ごと(モデルさんごと)に順次アップしてしてきたので、自分としては今までの写真をまとめることはできないかな、と思っていましたがこうやって改めてテーマを決めて抽出することで、なんとなく、ちゃんと視点がぶれずに撮れているし、これをベースにまとめられるかな、と思ってみたりして。いや、これはちゃんとまとめなければいけない。そんなことを強く思った展示になりました。 場所は原宿のデザインフェスタ・ギャラリーなのですが、アートピースと言う壁の一部を借りての展示でした。なので、在廊もできず、写真展っぽい感じでないのですが、こういう展示も面白いし、またアートピースは何かほかの面白い企画もできそうな気もしています。今回とは違ったことを自分の企画でやってみたいな、とも思ったりして。 と言うことで、「夏のmamotaso展示祭」の展示レポートはまだまだ続く。【展示データ】「君と会う街/Hot-Standby展」 ・会場:デザインフェスタギャラリー(原宿) Eaast 1F アートピース ・会期:7/7(土)~7/16(月・祝) 

The show must go on!

 ということで、6/28から始まった「(勝手に)夏のmamotaso展示祭り」(通称:マモフェス)は、予定通り、8/5で終わりました。これから各展示のレポートを書いていこうと思いますが、まずはお礼とか総括的なことを。 いつも同じ出だしになってしまうのですが、会期中お越しいただいた皆さん、retweetとかで告知にご協力いただいた皆さん、そして何気にいつも気にしていただいている皆さん、ありがとうございました。そして、一緒に展示した参加者の皆さん、ギャラリーのスタッフの皆さん、お世話になりました。皆さんのおかげで約一ヶ月以上の期間で4つの展示を乗り切ることができました。 改めて、並べてみるとマモフェスでは次の4つの展示に参加しました。・6/28〜7/8 フォト茶(アイアイエーギャラリー)・7/7〜7/16 君に会う街/Hot Standby展(デザインフェスタ・ギャラリー)・7/10〜7/22 私の青空ーmy bleu heavenー(rooney 247 fine arts)・7/25〜8/5 展示バカ・夏の陣(NADAR) いやー、よくやったものだw この期間、展示していなかったのは、7/2、23、24の3日間だけですよ。いくら公募展・グループ展と言っても、結構厳しかったですね。まず、写真を撮りに行けない、とw 週末は、ほぼ搬出・搬入の繰り返しw 撮り下ろしは少ないけど、結構、自分の中では消耗しますね。 話は変わって・・・。 展示の前、設営が終わったときやギャラリーに搬入に行ったときに、いつも心の中でつぶやく言葉があります。それは、今回のエントリーのタイトルの「The show must go on」。 たしか、映画「マーズ・アタック」の中でのトム・ジョーンズのセリフだったような? 火星人が襲来してラスベガスを破壊していく中、トムは歌い続けるのです。 そう、設営・搬入が終わったら、とにかく会期中まで何がなんでも展示を続けること。自分にとっては、1週間の展示期間でも見にきてくれる人は、ほんの10分の滞在時間でもそれが展示の全てなのです。だから、展示期間中は何がなんでも最初の状態をキープしなければならない。不慮の事故でもない限り、展示してみてしっくりこなかったらからといって作品差し替えたり、何か気にくわないことがあったらと言って作品を撤去してみたり。そんなことは絶対に許されないのです。 たとえ、お客が一人もいなくても。初日に石をぶつかられても最終日までぶつけられ続ける覚悟を持ってやる。ショーは始まったら何がなんでも最後までやりとげる。 そして、期間中は、見てくれる人が見やすい環境な雰囲気を維持する。 自分はアマチュアで、一向に上手くならなずに写真を撮り続けておりますが、その辺の覚悟だけは負けたくないな、と。 まぁ、格好良く書いてはいますが、毎回、展示前はドキドキで逃げ出したくなるし、感想を伺う前に言い訳を言ってしまったりするし、反省点ばかりが積もって行くばかりなようも気もしておりますがw そんなわけで、マモフェスは終わりました。次の展示の予定は決まっていません。公募展に関しては楽しいのですが、自分の中で少し思うことが出てきました。しばらくは撮りためていくことを優先しようかな、と思っています。まぁ、展示バカなので、出るときは出ちゃいますが。 と言うことで、各展示のレポートに続きます。

公募展「カメナダ展」、出展レポート

 すでに1週間経過しておりますが、公募展「カメナダ展」の出展レポートを。 毎度のことながら、お越しいただいたみなさん、SNSなどで告知にご協力いただいた皆さん、そして出展者とNADARとカメスズのスタッフの皆さん、ありがとうございました。 まずは一つ訂正を。 展示のネームプレートに使用したカメラとレンズが表示されていたのですが、レンズを間違って伝えてしまっていました。ネームプレートには「EF-M  22mmF2 STM」と表示していましたが、正確には、「SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO HSM」でした。まぁ、誰もわからないと思うけど・・・。(でも換算約35mmの画角ではないな、とw) 今回は「カメラのスズキ」さんでプリントするというレギュレーションだったのですが、思っていた以上にきれいにプリントしていただけて嬉しかったですね。いつもはA3ノビまでの大きさならば自分のインクジェット・プリンターでプリントしていているのですが、印画紙でのプリントもいい感じです。何気にデジタルといえどもプリントのクオリティには自信があるのですが、たまには印画紙にプリントしてもらうのもいいなぁ、なんて。 で、今回は「飾った人の生活に寄り添える写真」との想いから、この写真をセレクトしました。「カメナダ展」は展示作品を購入できると言う企画でした。ただ「売れるような写真を」と言うマーケティングの観点ではなく、花のように部屋に飾ってもらえる写真って、どんな写真がいいんだろうか、と考えた結果、この「飾った人の生活に寄り添える写真」と言う言葉を思いつき、セレクトのキーワードにしてみました。

写真展のお知らせ「カメナダ展」

 先日、「愛しのナポリタン!」展のレポートをアップしたばかりですが、次回の展示のお知らせです。4月の展示は、「カメナダ展」!。 なんじゃそりゃなタイトルの写真展(公募展)ですが、"難しい事抜きにカメラを楽しむ写真店「カメラはスズキ」と写真の全部を楽しむギャラリー「ナダール」がタッグを組んだ!とにかく、カメラと写真を楽しむ公募写真展"とのことですよ。「カメラはスズキ」さんは横浜にあるフィルム推しの写真屋さんで、SNSでは「カメスズ」と呼ばれ親しまれて、最近グイグイ来ています。「カメスズ」と「ナダール」で「カメナダ」展ってことらしいですが、「スズキ」がどっかに行ってしまっています。「ナダスズ」でなくて良いのか、全国の鈴木さん的に!w 横浜には月に1回程度通院のために行っているのですが、そのときはカメスズさんにはこっそり寄って行ったり、何気に中古カメラを買っていたりしました。 そんなわけで、「参加するしかねー!」ってことで参加を決定(募集締め切り間近だったけどw)。 今回の「カメナダ」展では、展示作品が販売されます。実は、写真を販売する機会って初めてだったりします。まぁ、売ることが目的ではないし、自分としてはアマチュアが写真を販売することに関してあまり肯定的ではなかったりするのですが、一度も経験せずにわかったような気になっているのもなんだな、と。 ってことで、今回は展示作品のセレクトに迷いました。セレクトの際は「売れる作品」ってことにはプライオリティは置いていません。「売れる作品」にプライオリティを置くと言うことは、それは「マーケティング」だと思うのです。それは、自分が写真展に臨むときのスタンスではないな、と。 写真に込めた想いは見た人に届いて欲しいし、この機会に、そばにおいて欲しい。その手段として「売買」があるのであって、「売買」自体を目的にするのは違うかな、と。まぁ、アマチュアの意地ですよw そんな中で自分がセレクトの際に思ったことは「飾った人の生活に寄り添える写真」。 何を以って「飾った人の生活に寄り添える写真」なのかはご覧になってからのお楽しみにw 展示後のレポートで改めて書こうと思います。 そんなわけで、ポートレートではありません。最近、少しづつ撮りためているテーマの中からセレクトした1枚です。どんな風に感じていただけるかとても楽しみです。  なお、今回は「フルヤ マモル」名義での展示になります。【カメナダ展】 会場:NADAR  期間:4/18(水)〜4/29(日) *月・火曜は休廊   時間:12:00〜19:00(最終日は16:00)  NADARさんの場所や詳細はNADARさんのサイトをご確認くださいませ。 

公募展「愛しのナポリタン!」、終了しました。